読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

森、ブログ始めるってよ

僕の、日常考えてることが綴られてます。

気ままに怒られることができるコツ

母親との喧嘩に収束のついた森です。

 

実は先日LINEでのやりとりから発生した喧嘩でしたが…

ほんと些細な事から人と喧嘩しちゃうのってツライ。

 

 

 

僕が母と喧嘩をしたきっかけ

 

母「だからお前ほんま洗濯もの多いって」

 

僕「いやそれ俺のんじゃないって」

 

母「そんなんどこかで間違えたんやろ」

 

僕「どういうこと?何を間違えたん?」

 

母「お前が悪いなんてゆーてないやろ!」

 

母「どーせお前はまた責められてるとか思ってるんやろうけど」

 

 

僕と母が喧嘩した理由って

母の中では

母→事実を伝えたい

僕→想いを伝えたい

 

僕の中では

母→発信ミス

僕→発信ミスの指摘(受信ミス予防)

 

お互いの認識ミスが原因だったんです。

一口に誤解です。

 

 

誤解は発生する前から起きている!?

 

僕と母で見ると

 

母「そんなんどこかで間違えたんやろ」

僕「どういうこと?」

 

このタイミングで

 

会話が成立していないっていうことを

当事者両方が認識していない

のが誤解発生の原因。

この後母は、ここを放置して次に進もうとするんです。

 

いわば僕の

「どういうこと?」

目的(会話の進行)の邪魔

だったんですね。

てことは

 

 

 

当初から

母→会話を進めたい

僕→怒ってる原因を知りたい

という誤解が発生しているんです。

 

 

 

誤解を招かないような会話法

 

 

このような些細な誤解から生まれる喧嘩を防ぐためには

 

「このコミュニケーションをなぜするのか」

コミュニケーショの受け手

が確認していくこと。

 

 

僕がこのやり取りの前に

「母さん、申し訳ないことをしたと思う。だから今後同じミスはしたくないから

俺が直すべきところが知りたい。」

と話していれば、

この誤解は起きなかったのです。

 

自分から相手の発信内容を指定する

んですね。

 

 

特に感情的になっている相手に有効で

相手も言いたいことを整理して話ができます。

 

怒られる場面であれば、

「次回同じミスをしないための向上心」

が認められ、

今後より良い関係になっていくでしょう。

 

 

自分が聞きたいこと

相手が伝えたいこと

 

この二つのマッチングを

図ってみてください。

 

 

では!

 

P.S 

この後母に電話してお互いの誤解を解いた後

本当に怒りたかったのは弟だったそうで…

 

長男って八つ当たりくらうのかなあ。(笑)