森、ブログ始めるってよ

僕の、日常考えてることが綴られてます。

僕が大学入学時にした大きな間違い

昨日地元のコンビニのBGMが

レミオロメンの「3月9日」で

自分の卒業をひしひしと実感した

22歳、大学四回生の春(まだガンガン寒いけど)

でした。

 

 

卒業シーズンは裏を返せば

入学シーズンでもあるので

僕が大学に入学した時にした間違いを

大きく2つ紹介したいと思います。

 

⓵毎日バイト漬け

 

僕は高校生の時からバイトをしていたので

大学でも入学時からバイトをしていました。

 

そのせいか、週回、休みは定休日のみ

という

社員より働く働きマンとして重宝されました。(超ポジティブ)

 

これ、超デメリットなんです。

 

大学に入って一番変わるのは、

活動の範囲

だと思っています。

 

バイトのみならず

1つのコミュニティに拘束され

活動範囲を狭めると

必然的に自身の経験が制限されます。

 

目標ややりたいことは自分の経験からしか生まれないので

これは自分の未来を狭めることに直結するんですね。

 

サークル、部活、学校での授業、学生団体、旅行。

何でもいいと思います。

要は、「たくさんの人に触れ、たくさんの価値観に触れる」

(価値観については別記事参照)

 

のが大切です。

(僕は触れなかったからこそ分かる)

 

⓶すぐ彼氏、彼女をつくる

 

これ、めっちゃいいことの様に聞こえますよね?

これも実は大きな落とし穴。

 

まず、彼氏、彼女をつくると

「その人の価値観がベースになるので、他の価値観を受け入れられない」

ということが起きます。

 

彼氏、彼女は

「自分が人生かけて幸せにすべき人」

です。

 

たくさんの価値観に触れる前にその人だけ触れるのは

相手への幸せ創出のパターンが少なくなり

ほぼ確実に別れます。

(たまたまその幸せの創出が100%相手とマッチすれば話は別ですが)

 

素敵なパートナーに出会うためにも

いきなり恋人づくりは危険です。

 

 

あくまで個人的見解ですが、参考になれば。

価値観の話がでているので

もう少し価値観について知りたい方は別記事までどうぞ。

http://marumori07214.hatenablog.com/entry/2017/02/26/185958

 

 

P.S 

この記事を書いてる横で高校生の友人が

めっちゃ大声で

英語話していて

 

自分のスキル不足も痛感しましたとさ。

あ、最近ひげを育成しています。