森、ブログ始めるってよ

僕の、日常考えてることが綴られてます。

「嫌われる人」が人に好かれる理由

巷では今日から就活の情報解禁ということで

去年就活を経験した自分としては

「もう一年たったのかあ」

と老いを感じていました。

 

懐かしいリクルートスーツの学生をみながら

(僕は就活時リクルートスーツを着ていませんが)

天空の城ラピュタ」に登場するムスカ

 

「人がごみのようだ」

を口ずさんでいます。

(本心じゃないですよ、もちろん。笑)

 

さて本題に行きましょう。

 

嫌われる勇気

 

書店に行けば一度は目にしたことのあるこちらの著書

 

 

 この本に書いていることを復唱しても仕方ないので

(気になる方は購入してみてください)

自分の実体験ベースで書いて行けたらなあと思います。

 

自分は勇気をもって嫌われることを

通称「本気で相手のためを思った結果」と解釈しています。

 

 

次の場面を見てみましょう。

 

お前は一体何をしているんだ? 

 

「過去の実績に過信し、まったくもって仕事をしない上司」

 

こんな人がいたとします。

 

あなたならどちらの行動をとりますか?

A:その人には何も指摘せず、ただ目の前の仕事をする。

B:その人に他者から見たありのままを伝える

 

普通に

じゃないですか?(笑)

 

 

しかし、

男性では3割、女性では4割が

Bを選択できないんです。

 

さらに

自分に実績がない人

が、Bの選択ができるかというと…。

 

まあ、無理ですね。(僕もできません。)

 

本当に相手思うなら

 

では上記の場面。

相手のためを思うなら

次のうちどちらの選択をしますか?

A:相手の顔を立てるため、黙って見過ごす

B:相手に嫌われてでも、問題を指摘する

 

Aの選択をした場合、

確かに今は上司も自分も喧嘩なく過ごせますが

上司の環境が変化した場合、どこかで嫌われたり

また極論首が飛ぶ、降格することもあり得ます。

つまり、

今の上司や自分にとっての都合はいいけど

未来の上司が不幸になる

可能性が高いわけです。

 

Bの選択をした場合、

今時分はその上司に嫌われたり、

上司にとっても居心地が悪くなりますが、

その問題に気付き、解決に向かえば

その後同じ理由でその上司は苦労しなくなるわけです。

つまり、

今の上司や自分にとって都合は悪いけど

未来の上司にとってはプラスになる

わけですね。

 

いや

 

 

 

Bすげええ(笑)

 

自分を嫌いになることに勇気を

 

相手に嫌われる行為を人が取れない理由って

そのせいで今自分に被害が出ることを避けたいからなんですよね。

 

自分大好き保守派なんです。

(もちろん、僕もですが)

 

ただ、そのままだと

自分の問題に気付けないんです。

 

自分を守る=都合のいいように生きる

相手から問題を指摘されない

成長しない(解決しないから)

 

自分を嫌いになって

本気で相手にぶつかり、自分にぶつかるからこそ

問題に気付き、解決しようと取り組める

だから成長するんですね

そして、それを相手に言うことは

相手の成長のきっかけになるからこそ

相手に好かれるんです。

 

ぜひ、一度自分を嫌いになってみて

成長した自分を好きになり

成長した相手から好きになられて

より良い人間関係を作ってみましょう。

 

P.S

冒頭で紹介した「嫌われる勇気」

 

実はドラマもあるそう。

気になる方はそちらもチェック!