森、ブログ始めるってよ

僕の、日常考えてることが綴られてます。

あの人の話が長い理由

この間やってたセミナーの時に

 

「あ、こいつ話なげぇ。」

って思い

鼻くそほじりがらパズドラしてました森です。

 

なんで話が長いんだろう。

みんな同じ5分のはずなのに。

 

 

あの人の話はなぜ聞いてるのしんどいんだろう。

 

 

あの人の話が長い理由

 

話が長い人の特徴が実はあります。

 

「〜で、〇〇やと思いまして、実は△△をしようかなとも考えておりまして…」

 

何がダメなんでしょう。

 

話が短く聴きやすい人はどう話してるのか

 

「〜です。〇〇だとおもいます。実は△△をしようと試みています!」

 

 

間延びがないんです。

 

「〜て」とか「〇〇で、」とか

 

文章を長く伸ばす

つなぎ役は

要所で使わなければ

無駄に文章を伸ばしてしまうんです。

 

要は話が長い人って

 

一文が非常に長い

 

んですね。

 

 

何を意識するか

 

簡単なことがひとつあります。

 

断言することです。

多くの人は

「断言した後の失敗や間違い」

が怖くて、これを避けてしまいます。

 

ただ、

〇〇です。→いい例

〇〇だとおもっていて…→悪い例

 

このように

相手に断言せず、

自分が言ったことを100%にすることができないと考えリスクヘッジしてしまうと、

聴きにくい長い文章ができ

結果相手に

「何が言いたいの?」

と核心を突かれてしまうんですね。

 

 

断言して失敗したら

「すいません。」

と言って二度と失敗しないようにすればいいのです。

 

これから

発言する時、人に伝える時は

「怖がらず断言」してみてください。

その方が相手には聴きやすいです。

 

P.S

こないだ

「お金はありません!」

と断言したら

 

近所のタバコ屋さんにタバコをもらいました。

 

断言って素敵ですね。