読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

森、ブログ始めるってよ

僕の、日常考えてることが綴られてます。

「私、大きな成功をしたことがないんです」人の特徴

私事ですが先日大学を卒業し、

四月から晴れて社会人となります。

 

東京へ向けて準備にせわしない毎日と資金集めに苦戦し

なかなか記事を書いている時間がなかったです(笑)

 

引っ越しって大変…(言い訳)

 

では本日の内容に移りましょう。

 

私、大きな成功をしたことがないんです。

 

これ実は僕がこないだ、社会人の方と話をしたときに

言い放った言葉です。

返された言葉はこうでした。

 

 

「成功って何なの?」

 

「えっっっ。」

 

そんなこと考えたこともなかったんですね、僕。

 

成功ってありふれた言葉ですが、

何をもって成功というかって結構曖昧な部分あるくないですか?

 

成功とは目標によって決まる

 

上記の会話の後に

こう告げられました。

 

「目標達成…ですか」

 

「その通り。自分で成功だと思うことは簡単。大きな成功となると

客観的に認められてないと成功とはいえない。だからこそ達成していることを大前提にするね。」

 

ぬぐぅ…

自己満足でなく、結果として成功していないと意味がないわけなんですね。

 

「ですよね…」

 

「と、いうことは達成した目標が大きければ大きいほど

その成功は大きなものになるんだよ。君は目標設定がゆるそうだね。」

 

完膚なきまでに叩きのめされましたね。

 

目標達成を成功の条件にするならば、目標の大きさこそが成功の大きさである

 

SIMPLEでありながら

EASYにはできないもの。

 

決まって「成功体験がない」という人は、

成功のための目標設定をしてないんです。

 

だから、成功できない。

達成するものがないから。

 

部活で見るとわかりやすくて

「全国に行く」

って目標がなければ

成功しませんよね。

仮に全国に行ってもそれは「実績」として語れるけど

「成功」にはなってないんですね。

人生においても同じことが言えます。

「年収1000万稼ぐ」って目標がなければ

1000万稼いでもそれは「実績」にしかならず

「成功」したのかはまた別の話ですよね。

 

もし、今後「成功体験をしてみたい」のであれば

目標、しっかり立ててみてください。

 

 

P.S 

 

年の始まりに立てる抱負も

この一年の成功がかかってると考えたら適当にはできないですね…

 

 

ちなみに僕の今年の抱負は

「野菜をたくさん食べる」

です。